1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国連邦データプライバシー法案の概要(2021年6月)

米国連邦データプライバシー法案の概要(2021年6月)

2021年06月28日

最終更新日:

本レポートは、今後米国で立法化が予想される連邦データプライバシー法案について、その概要(適用対象、対象事業者、個人の権利の内容など)や実務対応、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA:the California Consumer Privacy Act)やカリフォルニアプライバシー権法(CPRA: the California Privacy Rights Act of 2020)など既存のプライバシー保護法との関係などを日本企業向けに解説するものである。本レポートでは、民主党から提案された連邦データプライバシー法案であるConsumer Online Privacy Rights Act (COPRA、消費者オンラインプライバシー法)について、主に解説している。法律が成立すれば、ほぼ全ての業種、さらに、米国の全ての州が対象となることから、米国においてまたは米国に向けて事業を行う日本企業への影響は大きい。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2021年06月
作成部署:
ジェトロ米州課、ジェトロ・サンフランシスコ事務所
総ページ数:
67ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ