1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 【チリ】砂漠の太陽で発電(2016年3月)

【チリ】砂漠の太陽で発電(2016年3月)

2016年03月16日

最終更新日:

チリは2050年までに発電量の7割を再生可能エネルギーで構成する目標を掲げる。既に太陽光発電拡大に向けた取り組みも始動。日射量で突出するアタカマ砂漠はその好条件がそろう。電力入札法改正により新規参入も容易に。今春は、家庭や中小企業向け配電が対象の中央供給システム(SIC)の入札に注目が集まる。(本レポートは、「ジェトロセンサー」2016年4月号エリアリポートにも掲載)→「ジェトロセンサー2016年4月号」の詳細はこちら


レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。


発行年月:
2016年03月
作成部署:
ジェトロ米州課
総ページ数:
2ページ

ファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ