1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. ミャンマー農村地帯における農民生活実態調査−マグウェイ郡ミンクン村の事例−(2014年3月)

ミャンマー農村地帯における農民生活実態調査−マグウェイ郡ミンクン村の事例−(2014年3月)

最終更新日: 2014年03月25日

本調査は、ミャンマーの農村部の生活と農業生産に係わる実態を中央乾燥地帯(ドライゾーン)の中心であるマグウェ管区(Magway region)、マグウェ郡(township)のミンクン村(Myin Kun)を事例として調べたものである。一定の条件が満たされるならば、質の高い商品の市場が形成できる。需要のある商品としては、肥料:需要の高い主な農業投入財は肥料で、栽培している作物の種類や品種にかかわらず、ほとんどすべての農民が使用している。廉価なブランドも価格が安いことからよく売れている。他には、殺虫剤と種子ホルモン、質の高い種子、農業機械、情報システム(携帯電話)などである。

発行年月:2014年3月

作成部署:ジェトロ調査企画課

総ページ数:52ページ

記事番号:07001629

関連情報

ご質問・お問い合わせ