1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 【コートジボワール】西アフリカの“象”が歩み出す(2013年1月)

【コートジボワール】西アフリカの“象”が歩み出す(2013年1月)

最終更新日: 2013年01月17日

西アフリカ仏語圏の拠点となるコートジボワールを取り込もうと、先進国のみならず新興国が動き始めた。石油、架橋、火力発電所増設、通信など、企業は投資計画を発表。外資に限らず地場中小企業も徐々に事業を広げる。内戦の爪痕が残るこの地で、ビジネス機会を狙う企業の動きが活発だ。
(本レポートは、「ジェトロセンサー」2013年2月号エリアリポートにも掲載)→  「ジェトロセンサー2013年2月号」の詳細はこちら

発行年月:2013年1月

作成部署:ジェトロ中東アフリカ課

総ページ数:2ページ

記事番号:07001173

関連情報

ご質問・お問い合わせ