1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. サウジアラビアの環境に対する市民意識と環境関連政策(2011年3月)

サウジアラビアの環境に対する市民意識と環境関連政策(2011年3月)

最終更新日: 2011年03月28日

サウジアラビアは重大な環境問題に直面している。その主たる原因は人口の増加、帯水層の枯渇、砂漠化、油流出による海岸の汚染、石油に大きく依存した経済などである 。豊富な石油資源やエネルギーへの国の補助金などにより、サウジアラビアは市民のエネルギー消費が世界で最も多い国の1つとなっている 。
政府は最近、消費者にエネルギーの節約意識を促すとともに、省エネ化、公共交通整備、グリービルディング評価制度の導入などに取り組んでいる。


シリーズ名:主要30カ国地域の環境に対する市民意識と環境関連政策
発行年月:2011年3月
作成部署:海外調査部グローバル・マーケティング課
総ページ数:11ページ

記事番号:07000559

関連情報

ご質問・お問い合わせ