備考

最終更新日:2021年12月03日

備考

オーストラリアでは、被害者搾取の手段として威圧や脅迫、だましなどを用い、人の自由を侵害する現代奴隷(modern slavery)に対応するため、2019年1月1日に現代奴隷法が施行された。

現代奴隷法(Modern Slavery Act 2018

オーストラリア政府 “Modern Slavery Act 2018外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

オーストラリア国内で事業を行う企業などのうち、傘下にある事業体を含む年間収益が1億豪ドルを超える会社、信託、パートナーシップ、個人事業、投資組合、NPOを含む事業体を対象に、サプライチェーンとそのオペレーションにおける現代奴隷のリスクを評価・分析し、毎年報告することを義務付けるもの。提出された報告書は、内務省のデータベース(The Modern Slavery Statements Register外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)上で一般公開される。

内務省:現代奴隷 “Modern Slavery外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます