1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. パリの2012年春夏アパレル市場トレンド
市場・トレンド情報

パリの2012年春夏アパレル市場トレンド

2012年2月
分野:ファッション

パリでは毎年1月はオートクチュールの発表およびプレタポルテ・オムの発表が続き、世界中からバイヤー、プレスが集まるが、バーゲンセールが1月中旬から5週間続くため、店頭にはまだ前シーズンの商品が陳列されていることが多い。
今回は、春夏物の陳列の立ち上がりが早い高級百貨店、またその百貨店に入居するブランドに絞りながら、前シーズン物セールの状況および春夏物トレンドについてリサーチしてみた。

Le Bon Marche (ル・ボン・マルシェ)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

住所:24, Rue de Sèves 75006 Paris

  • パリ左岸の老舗百貨店。現在は店舗一階の一部が改装工事中であり、かつセール開催中のため雑然としているが、それでも、著名なブランドの半分程が新作を展開し始めている。シーズン性もあるが、カラフルな春夏の製品が目立ち、セール品の秋冬物よりも新しい春夏物に目が行く。
  • セールは最初の1週間を過ぎると客足の勢いも弱る様子。店頭に残る商品を見ると、“なるほど”と売れ残り傾向がわかる。今年のパリは暖冬だったせいか、コート類の残品が多い。それでも、他のセレクトショップなどに比べると比較的残り物は少なく、販売結果が良かったことが想像される。
  • セールで最も人気のあるのが靴と寝具、またバスグッズの売り場。服に関して言えば、セールだからといって売れるとは限らない。有名ブランド、人気ブランドも魅力がないラインは残っているのが現状。特殊なデザイン、重い素材、日常的でないものが残っている。30%の割引後に追加で20%割引をしているものも多いが、それでも動きは悪い。
  • バッグは依然として、高価格でも売れている。有名ブランドはほとんど割引をせず正価で販売、少しでもディスカウントがあれば長蛇の列となっている。だが、列に並ぶのはフランス人ではなく、外国人が多い。
  • セールの期間は通常は閉店となる日曜日も営業し、平日でも週に2回は21:00まで延長営業しているが、19:00を過ぎると客は少なくなっている。消費の活気は感じられない。2月の中旬になればセールも終わり、100%春夏物になるので、納期が早いことがうかがわれる。

Franck et Fils (フランク・エ・フィス)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

住所:80, Rue de Passy 75016 Paris

  • 同店はLVMHグループに属するパリ住宅街にある小型百貨店で、高級ブランドばかりを集めている。前述のル・ボン・マルシェとは異なり、8割方はセール品が残っている。2月中旬に終わるセール期間では到底片付かない量と推察する。セール期間中に2回~3回と値下げしたあげく、レジ支払い時に更に割引という表示もある。
  • それでも1月最終週から2月第1週に寒気団が到来し、フランス国土の大半が零下の気温となったため、ダウンジャケットや帽子、防寒靴が売れ始めたようだ。

春夏物のトレンドについて

前述の2店舗に入居する人気ブランドの春夏の展開、トレンド、価格についてレポートする。

確認ブランド:Carven, See by Chloé, Cacharel, Iro, Sonia, APC, Paul & Joe Sister, Antik Batik, Dress Gallery, Valentine Gauthier, Hartford, Cheap Manday, American Vintage, 7 For All Man kind

  • ジャケット:丈の短めなブレザー、シャネルタイプのオープンジャケット、カーディガンジャケット、エレガントなブルゾン。
  • 価格帯182~281ユーロ
  • パンツ:ジーンズは減り、コットン地のカラフルなストレートパンツ、あるいはマリン、ホワイトのパンツ、ショートパンツも継続。
  • 価格帯143~290ユーロ
  • スカート:丈は短め、ストレート、フレアー、モスリン素材の重ねギャザーあり。全体に小さいジオメトリック、プリント、小花プリントなどのプリントが目立つ。
  • 価格帯146~283ユーロ
  • ワンピース:どのブランドもドレスが多い。ドレープ、アシメトリックであったり、シャツワンピース、など様々なスタイル、無地使い、小花プリント、アートっぽいテーマプリントなどが見られる。ブラウス共にスカートとのツーピースもあり。レースの部分使い、あるいは総レース、ギピュールのような厚手のレース使いも見られた。
  • 価格帯160~369ユーロ
  • ブラウス、チュニックとシャツ:フェミニンなブラウス、フォークロアなレース、刺繍を施したチュニック、あるいは細見のシャツは前立て、襟のライニング、カフスなどのディテールにプリントを使ったもの。
  • 価格帯119~283ユーロ
  • Tシャツ:素材はコットンの他に麻、シルクなど、プリントの綺麗なものが目立つ。全体的にエレガントで、今までのスポーティ、カジュアルとはやや趣が異なってきている。
  • 価格帯40~99ユーロ
  • ニット:ニットは春夏物でも定着しつつあり、どこのブランドもサマーニットをコレクションに加えている。夏のカシミアも継続している。
  • 価格帯182~330ユーロ
  • 全体のカラー傾向:白、マリン、生成り、ピンクがかったベージュ、スモーキーなパステルピンク、ライトグリーン、オレンジ、赤(トマト色)、紫(プラム)が見られた。

(パリ事務所)