1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. パリの有力小売店情報:N15、Ambali、Tabio
市場・トレンド情報

パリの有力小売店情報:N15、Ambali、Tabio

2012年2月
分野:ファッション

パリ市内に新しいセレクトショップ“N15”がオープン

住所:15, Place du Marché Saint-Honoré 75001
2012年1月下旬にPALATIAL GROUPの投資によるデラックスブランドのセレクトショップが、有名セレクトショップCOLETTEから徒歩2分の場所に開店することとなった。同グループはフェラーリなどの代理店であるMODENA MOTORSの株主でもあり、これまでもインテリア、ファッション、アートギャラリーに投資している。
ロシア人のファッションコンサルタントNatalia TOOKE氏が名付けたこのショップのコンセプトは、1960/1970年代のデラックスプレタポルテ、ニューヨークのMeat Packingをイメージして、デラックスでありながら、気軽に買い物が出来る店作りで、およそ25ブランドの取り扱いを予定。

アパレルブティック“Ambali”がオープン

住所:77, Rue Vieille du Temple 75003
日本人デザイナーのMiyako ISHII氏が手がける“ Ambali外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ” が2012年2月25日にパリのマレ地区にブティックをオープンする。店舗面積はおよそ50平方メートル。取り扱いは1930、1940、1950年スタイルの上質なドレスが中心。他にジャケット、スカート、シャツを展開している。

Tabio 第2号店がオープン

1968年に創業した靴下専門店Tabio( タビオ株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます )は2年前にパリのマレ地区15, Rue Vieille du Templeに第1号店をオープンしたが、2012年3月にはパリ左岸の32, Rue Saint Sulpce 75006に第2号店をオープンする。面積は第1号店と同様におよそ30平方メートル。
伝統的な手作りの製品であることをアピールしながらもモードを取り入れ、フランス市場での製品位置付けを明確にしている。ネット販売では、靴下にイニシャルの刺繍をいれる注文も出来る。Tabioは日本に280店舗、ロンドンにも4店舗を持つ。

(パリ事務所)