1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2021年
  5. 2020年ドバイ国際博覧会がついに開幕 日本館では開館式を開催

2020年ドバイ国際博覧会がついに開幕 日本館では開館式を開催

2021年10月01日

中東及びアフリカ地域では初の登録博覧会として開催される「2020年ドバイ国際博覧会」(以下、「ドバイ万博」という)が本日10月1日(金)開幕し、会場内にある日本館では開館式を開催しました。

開館式の様子


開館式では、幹事省を代表し経済産業省 2025年国際博覧会 統括調整官 井上 学が挨拶するとともに、2020年ドバイ国際博覧会陳列区域日本政府代表 中村 富安が開館宣言を行いました。

ドバイ万博は、2021年10月1日(金)から2022年3月31日(木)までの182日間開催されます。日本館は、「Where ideas meet アイディアの出会い」をテーマに、未来に向け、地球的な視野で「アイディアの出会い」を生む結節点となり、それらを融合させることで、より良い世界へ向けたアクションを生み出していく事を目的としています。

日本館は、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、会場のみならず世界のどこからでも日本館のことを知り、参加できる万博パビリオンの新しい体験スタイルを提供するべく、デジタル体験「バーチャル日本館」として二つの特設ウェブサイトを本日より開設しました。2つのサイトのうち“課題”や“アイディア”をメッセージとして共有できるオンライン・プラットフォーム「循環」は、2025年日本国際博覧会との共同プロジェクトとして構築いたしました。

また、日本館レストランとして、中東に初出店する回転すし「スシロー」の「スシロードバイ万博店」はムスリムの人々が安心して食事を楽しむことができるよう、すべてハラル食材を使用したメニュー約120点を提供します。日本のクオリティーを追求した日本国内でも人気のメニュー「まぐろ」や「えびアボカド」に加えて、ドバイ万博オリジナルメニュー「まぐろアボカドロール」や、鶏白湯塩ラーメンなどを提供します。

いよいよ開館を迎えたドバイ万博日本館ではInstagramとFacebookの 公式アカウントも新たに開設し、現地からの情報発信も予定しております。ぜひご覧ください。

2020年ドバイ国際博覧会ついに開幕!日本館では開館式を開催

10月1日(金曜)11時(現地時間)よりドバイ万博日本館内にて開館式を行いました。

中島明彦 在アラブ首長国連邦日本国特命全権大使、関口昇 在ドバイ日本国総領事、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 櫟真夏 副事務総長、経済産業省 井上学 2025年国際博覧会統括調整官のお立合いのもと、2020年ドバイ国際博覧会陳列区域日本政府代表 中村 富安が開館宣言を行いました。

開館式では幹事省を代表して経済産業省の井上統括調整官が、ドバイ万博全体の「心をつなぎ、未来を創る」というテーマを踏まえ、日本館は様々な社会課題の解決に向けたアプローチとして「アイディアの出会い」というテーマを掲げること、日本館が世界中の人々にとってそうしたアイディアの出会う結節点となり、新たな価値を生み出していくことを抱負として伝えました。あわせて2025年に開催される大阪・関西万博につなげていくために、日本館から積極的に発信していく意気込みを伝えました。

また中島大使はご挨拶で、新型コロナウイルス感染症の影響下での開催に向けた準備における関係者の苦労を労われたうえ、UAEが建国50周年の節目に万博を開催する意義について言及されました。またUAEが石油産業への依存から脱却し、先端技術やアイディアへの投資を活発にしていることを背景として、「“Where Ideas Meet”という日本館のテーマは、知的中継貿易ともいうべき、この国の目指す将来像に沿うもの」として両国関係のさらなる発展に期待を述べられました。

開館式は新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、上記ご来賓に加えて協賛企業の代表者、日本館関係者らのみに人数を絞って催行しました。また日本館PRアンバサダーであり、国内外に多くのファンを持つガンダム(ドバイ万博日本館仕様)が立ち会ったほか、日本館アテンダントによる書道パフォーマンスが行われ、式典を盛り上げました。

10月1日「バーチャル日本館」オープン、コンセプトムービー公開 

日本館では、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、会場でのリアルな参加のみならず世界のどこからでも日本館のことを知り、参加できる万博パビリオンの新しい体験スタイルとして、二つの特設ウェブサイトで構成される「バーチャル日本館」を開設いたしました。

2020年ドバイ国際博覧会 日本館 特設サイト

日本館を構成する様々なコンテンツ、その制作にまつわるストーリーの紹介等を通じて、日本館をオンライン上で体験いただきます。サイト公開にあわせて、日本館テーマ「Where ideas meet アイディアの出会い」のコンセプトムービーを公開していますのでぜひご参照ください。 また会期を通じて現地からの情報など、ライブ感のある情報発信を行っていく予定です。

サイト開設期間:
2021年10月1日(金曜)~2022年3月31日(木曜)
言語:
英語、アラビア語、日本語

特設サイト「循環 JUNKAN -Where ideas meet-」

世界中の人々が直面する“課題”や、その解決に向けた“アイディア”を、メッセージとして共有するオンライン・プラットフォームです。日本館内の会場からのみらならず、本特設サイトから場所を問わず投稿することが可能となっており、サイト内では世界中の人々のメッセージに触れることができます。
本サイトに浮かび上がる印象的なグラフィックアートは、日本館展示シーンのクライマックス部分と連動しています。日本の16名の若手クリエイターが協業して構築したもので、日本館テーマ「アイディアの出会い」の一つの実践です。本サイトは2025年日本国際博覧会との共同プロジェクトとして実施しており、投稿されたメッセージは次の登録博である大阪・関西万博に繋げていきます。また「循環JUNKAN」のロゴやサイト中央に浮かびあがるリングは、世界中から集積された想いがさらなるアクションを生み出していくという理念を表現するとともに、大阪関西万博の会場デザインコンセプトを参照しています。

【概要】
「循環 JUNKAN -Where ideas meet-」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
コンセプト: Share Your Voice, Make Our Future.
人類が一緒に取り組むべき課題がある。
まだ表面化していない課題もたくさんある。
もし、あなたのアイディアが、どこかの国の課題を解決するヒントになったら? もし、あなたの国の課題と、はるか彼方の国の人のアイディアが出会い、新しい答えが生まれたら?
まずは、想いを共有しよう。それは立派なアクションだ。
あなたの想いが、みんなの未来をつくる。
サイト開設日:
2021年10月1日(金曜)
言語:
英語、アラビア語、日本語

日本館展示を公開   

「Where ideas meet アイディアの出会い」をテーマに、来場者は各シーンを進みながら「多様な出会 いを大切にすることで、新しいアイディアが生まれ、交流し、未来がより良い方向に変わりゆくこと」 を体験します。そして、次期登録博である 2025 年日本国際博覧会への橋渡しとなるアクションを起こ していきます。

Scene1.日本との出会い
日本は、古来より厳しい自然環境に畏怖の念を抱き、共生してきました。日本の原風景、人々が紡いできた感性、織りなされてきた文化の系譜からなる「日本の出会いの物語」を紹介します。没入感のある映像・空間表現を通じ、来場者の物語の中へと誘います。



Scene2.出会いの歴史としての文化
日本文化は、これまでの歴史のなかで外来からの知恵や技術を受け入れながらも決して迎合することなく、独自の発展を遂げてきました。霧のたゆたう幻想的な映像演出空間で、その歴史を振り返ります。



Scene3.現代日本のテクノロジー
自然に学ぶテクノロジー、日本の伝統文化に着想を得たプロダクトなど、日本は独自の視点から社会に貢献する数々の知恵を生み出してきました。「見立て」による日本らしい精巧な模型作品の数々をお楽しみいただきます。



Scene4.私たちの今と課題
社会が急速に変化をするなか、様々な課題が生じています。世界がグローバルにつながる現代、解決に向けた様々な取り組みもまた、地球規模で求められています。鏡を利用した無限反射空間のなかで、映像に映りこむ自分自身とともに、私たちの今を見つめます。



Scene5.アイディアの出会い
多様な個性や感性を持つ人々が出会うことで、新しいアイディアが生まれます。よりよい地球の未来に向けて一緒に動き始めましょう。360度に広がる全周型のシアターに最新式のデータ技術とグラフィックアートを融合、これからの世界をつくる第一歩を体験いただきます。



Scene6.いのち輝く未来社会のデザインExpo 2025 Osaka, Kansai, Japan
2025年に日本で開催される「大阪・関西万博」のテーマです。これから世界中の人々のアイディア、アクション、チャレンジが出会い、融合していきます。さぁ、いのち輝く未来へ踏み出しましょう。私たちのメッセージが次の万博をかたちづくります。



【概要】

開館時間:
10:00~22:00(GST)
体験時間:
約60分
面積:
2階展示エリア1006平方メートル
1階展示エリア200平方メートル

日本館レストラン すべてハラル食材を使用したメニュー約120点、内装を公開

「ドバイ万博日本館レストラン」として、中東に初出店する回転すし「スシロー」の「スシロードバイ万博店」ではすべてハラル食材を使用したメニュー約120点を提供します。すし約70点、サイドメニュー約20点、デザート約10点、ドリンク約10点を予定しており、日本の「スシロー」の定番メニューと同程度のメニュー数、構成比です。
海外の店舗でも日本のクオリティーを再現することにこだわり、創業以来人気No.1の定番メニュー「まぐろ」、創作すしで人気No.1、2004年スシロー発祥の「えびアボカド」といった日本の定番のメニューをラインアップします。加えて、「スシロードバイ万博店」オリジナルメニュー「まぐろアボカドロール」や、ムスリムの方が安心して楽しめるようハラル食材である鶏のスープや麺に置き換えた鶏白湯塩ラーメンなどを提供予定です。
メニュー詳細などは「スシロードバイ万博店 特設サイト(英語)」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

まぐろ

えびアボカド

まぐろアボカドロール

鶏白湯塩ラーメン

【「スシロードバイ万博店」店舗概要】

営業時間:
10:00~23:00(最終入店、ラストオーダーは22:00)
座席数:
92席
メニュー:
約120点(すし、サイドメニュー、スイーツ、ドリンク。全てハラル)
設備:
オーダー用タブレット、回転レーン、オーダー商品専用レーン「Auto Waiter(オートウェイター)」など
言語:
英語、アラビア語、日本語




ドバイ万博日本館公式ソーシャルメディアアカウント開設について

日本館の公式Twitterアカウント、YouTubeアカウントに加え、公式InstagramアカウントとFacebookページを本日より開設します。

概要は次の通りです。

プラットフォーム名:Twitter
アカウント名:日本館 / Japan at Expo 2020 Dubai(ユーザー名:@expo2020_jp)
プラットフォーム名:YouTube
アカウント名:日本館 / Japan at Expo 2020 Dubai
プラットフォーム名:Instagram
アカウント名:日本館 / Japan at Expo 2020 Dubai(ユーザー名:expo2020_jp)
プラットフォーム名:Facebook
アカウント名:日本館 / Japan at Expo 2020 Dubai(ユーザー名:@expo2020.jp)

日本館について

日本館公式ウェブサイトでは、日本館の展示等に関する最新情報や、国内外で開催する日本館主催のイベント情報などを発信していきます。ぜひ、併せてご覧ください。

日本館では、ドバイ万博日本館についての情報発信を担っていただく方として、以下の7組の方々をドバイ万博日本館PRアンバサダーに任命しています。

嘉門タツオ様(シンガーソングライター)、関ジャニ∞様(歌手、タレント)、山崎直子様(宇宙飛行士)、若月佑美様(女優)、東海大学付属高輪台高等学校UAE留学生、ガンダム(アニメ「機動戦士ガンダム」キャラクター)、ポケットモンスター

日本館の参加体制

幹事省
:経済産業省
副幹事省
:総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省
参加機関
:ジェトロ


ドバイ万博について     

ドバイ万博は、中東およびアフリカ地域では登録博として初めての開催となる国際博覧会です。UAE建国50周年である2021年に、UAEのドバイにおいて開催されます。

名称
:2020年ドバイ国際博覧会
会期
:2021年10月1日〜2022年3月31日(182日間)
開催地
:UAE (アラブ首長国連邦)ドバイ
テーマ
:「Connecting Minds, Creating the Future」(心をつなぎ、未来を創る)
サブテーマ
:(1) Mobility (2) Opportunity (3) Sustainability
会場面積
:438ha
出展者数
:191カ国が参加表明済み
想定入場者
:約2,500万人(見込み)
公式サイト
https://www.expo2020dubai.com外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます


国際博覧会課(担当:田辺、薮中)
Tel:03-3582-4688 E-mail:FAQ@jetro.go.jp
2020年ドバイ国際博覧会 日本館広報事務局(担当:田中、中谷)
Tel:070-4316-1379 E-Mail:info@expo2020.jp
受付時間:9時30分~17時30分(土日祝日除く)