1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 京阪神ライフサイエンスプログラム ―Startup City Acceleration Program―

海外現地視察(ミッション)京阪神ライフサイエンスプログラム ―Startup City Acceleration Program―

募集は締め切りました。

ジェトロは、内閣府、経済産業省とともに国内スタートアップ・エコシステムの発展推進を目的に、スタートアップ・エコシステム拠点都市および推進拠点都市のスタートアップ企業の海外展開を支援しています。

その一環で、ジェトロ京都・大阪・神戸ではグローバル拠点都市として選定された京阪神に拠点があるスタートアップ企業を対象に、米ボストンのBioLabsと協力してライフサイエンス分野でのアクセラレーションプログラムを実施します。

日本におけるヘルスケア分野のVC投資額は、米国市場に比べてわずか2.5%である一方で、米国には国内に人材や技術、資本が集中するような複数のエコシステムが存在しています。その中でもBioLabsは米・ボストンをはじめ全米、欧州でシェアラボを展開しており、ボストンのエコシステムの核となるプレイヤーの一つです。

本プログラムでは3月に「Master Class」として1週間ボストンに滞在し、BioLabsによるワークショップやボストンのバイオテック関係者とのBtoBミーティング・ピッチセッション等を実施予定です。BioLabsによるプログラムを通してネットワーキングの構築ができるため、米国進出の足がかりとして大変貴重な機会です。

米国進出を検討されているライフサイエンス分野の皆様、BioLabs関連施設への入居に関心のある皆様のご応募をお待ちしています。

日時

2021年12月~2022年3月

訪問都市 アメリカ・ボストン
内容
プログラム概要
  1. PreMentoring(11月~2月)オンライン:
    キックオフ、資金調達や米国バイオテック市場に関するウェビナー等
  2. Master Class(3月)米ボストン:
    BtoBミーティング、米ボストンのバイオテック関係者に対するピッチセッション等
応募要件
  1. 京阪神に拠点があること(スタートアップ5,6社程度を想定)
  2. 海外での事業展開や資金調達を検討している
  3. 商談可能な英語力を有する(取締役、海外展開責任者)
  4. 海外展開について意思決定権をお持ちの方(取締役、海外展開責任者)が参加可能
  5. 本コースに関わる全てのプログラムに参加できること
  6. プログラム後のアンケート等に協力いただけること
審査基準
エントリーフォーム・ピッチ資料を基に、BioLabs・有識者・JETROによる審査を行います。
※ピッチ動画の提出または審査委員会でのピッチをお願いする可能性があります。
  1. チームメンバーの専門性・ネットワーク、語学力
  2. プロダクトのスケーラビリティ・市場性
  3. 本コースとプロダクトや事業計画との親和性
主催・共催 ジェトロ
参加費

無料
※ただしオンラインプログラムに係る費用(通信費など)や渡航に係る費用(渡航費、宿泊費等)は自己負担

定員 5,6社程度

お問い合わせ先

ジェトロ京都 (担当:加藤)
Tel:075-341-1021 Fax:075-341-1023 
E-mail:kyo@jetro.go.jp