1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 【ウェビナー】(品目別セミナー)米国における日本茶市場の現状と販路拡大のポイント

セミナー・講演会【ウェビナー】(品目別セミナー)米国における日本茶市場の現状と販路拡大のポイント

この度ジェトロでは、海外に在住する講師が現地市場開拓に役立つヒントや最新マーケット情報をお届けするセミナー(ウェビナー)を開催します。

今回は、日本茶の輸出拡大を目指す事業者様に向けて「米国における日本茶市場の現状と販路拡大のポイント」を在ロサンゼルスのコーディネーターが解説いたします。

米国市場への進出を検討されている事業者様におかれては、現地の状況を知り、今後のビジネスの準備にお役立ていただきたくぜひご視聴ください。

日時

2021年9月30日(木曜)10時00分~2022年3月10日(木曜)10時00分

※期間中いつでもご視聴可能です。

場所 オンライン開催 (オンデマンド配信)

使用アプリケーション:YouTube

内容
米国における日本茶市場の現状と販路拡大のポイント
講演時間
:20分程度
概要
米国への日本産緑茶の輸出は、2020年は前年比29.2%増となりました。輸出増の理由は米国でのMATCHA(抹茶)ブームによるものと推測されます。抹茶は、米国でもお菓子からアイスクリームやドリンク類まで、さまざまな食品に原料として使われ、身近な存在になっています。
一方で、日本産の茶葉やティーバッグは、米国市場でスーパーマーケットに置かれているものの、あまり売れている商品のようには見受けられません。米国市場で本格的に日本茶の販路拡大を目指すには、日本の市場とは異なる独自の戦略が必要になると考えています。米国で成功する日本産の「緑茶」がどうあるべきか解説します。

※本セミナーは録画による配信のため、視聴の際に質問をお受けすることが出来ません。

講師

ジェトロ・ロサンゼルス事務所 農林水産・食品分野コーディネーター 能勢 凱夷

主催・共催 ジェトロ
※農林水産省補助金事業
参加費 無料
ウェビナーご利用条件・免責事項/海外コーディネーターによる輸出相談サービスについて
ウェビナーご利用条件・免責事項

お申し込みの前に、「ウェビナーご利用条件・免責事項」をご確認ください。

ウェビナーご利用条件・免責事項

海外コーディネーター(農林水産・食品分野)による輸出相談サービス

無料の輸出相談サービスを​行っておりますので、ぜひご利用ください。
※「国・地域」が限定されています。

E-mail相談(無料):
現地の最新トレンドや競合製品、商習慣等の調査を行い、A4版で1、2枚程度の回答をご提供します。
オンライン・ブリーフィング(無料):

現地の食品市場について海外コーディネーターが情報提供を行います。

※対象者限定サービスとしてご案内しておりますが、日本産農林水産物・食品輸出の場合は、対象外の事業者様でもお申込いただけますので、ぜひご利用ください。
※お申し込みの際は必ず連絡事項欄に「海外コーディネーター(農水分野)によるオンライン・ブリーフィング希望」と明記してください。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2022年03月09日(水曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課 (担当:池田、藤原)
Tel:03-3582-8348 Fax:03-3582-7378
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp