1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 「バイブラント・グジャラート2022」に先駆け、20件の新規投資の覚書締結

「バイブラント・グジャラート2022」に先駆け、20件の新規投資の覚書締結

(インド)

アーメダバード発

2021年11月29日

インドのグジャラート州政府は11月22日、2022年1月の「バイブラント・グジャラート2022(VG2022外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)」(2021年11月16日記事参照)開催に先立ち、ブペンドラ・パテル州首相の立ち会いの下、総計2,418億5,000万ルピー(約3,896億6,000万円、1ルピー=約1.6円)に相当する20件の投資案件に関する覚書を締結した。

覚書に含まれるのは、製造業や化学品、農業用化学品、繊維製品、医薬品、工業用・農業用工具の製造など多くのセクターで、州内のダヘジ、バルーチ、ドレラ、バドーダラ、ハロールなど各地域への投資案件だ。これら新規投資によって州内に新たに3万6,925人の雇用が生み出されることが期待されるとしている。また、署名された案件には、州政府が開発に注力するスマートシティー「ドレラ特別投資地域(SIR)」の2つのプロジェクトが含まれており、「VG2022」のプレイベントではドレラ特別投資地区(SIR)の特別セッション外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが設けられる予定だ(11月22日付「デシ・グジャラート」)。

グジャラート州工業・鉱業省のラジブ・グプタ次官は「同様の覚書締結式は『VG2022』開催までの間、これから毎週月曜日に開催される予定だ。今回覚書が締結された案件はいずれも重要で規模が大きなもので、実際のプロジェクトに発展する可能性が高いとみられている。『VG2022』では毎回、覚書に署名するという伝統があり、締結された覚書は70%以上の実行率を誇っている」と述べている(11月22日付「デブデイスコース」)。

パテル州首相は「外部からの州への投資は、ビジネス振興策と政府に依存する。また、モディ首相がグジャラート州首相だった当時から今日まで、同州は平和と安全を維持してきた。これら諸要因によって、新型コロナウイルスの感染拡大があったにもかかわらず、州は外国投資誘致の第1位を維持しており、外国直接投資の38%の受け皿となっている」とし、「州政府は、新しい産業やビジネスに道を開く政策を策定することで、外国直接投資の誘致に取り組んできており、『VG2022』の開催に先駆け、近日中に新たな産業政策を発表する予定」と述べており、新政策の内容に期待が高まっている(11月21日「インディアン・エクスプレス」)。

「VG2022」会期の初日には、モディ首相が議長を務めて、約15人のロシアの知事との会合が行われる予定とされ、「Gati Shakti」計画や「自立したインド」「生産連動型優遇策」(PLI)などの中央政府の政策を中心としたイベントが開催される。「今回は、準備期間が短いにもかかわらず、過去に開催された活気ある『VG2022』と同等か、それ以上の規模になるだろう」(グプタ次官)と期待されている。

(古川毅彦)

(インド)

ビジネス短信 289091d7199e0f70

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp