1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 白物家電分野の生産連動型優遇策(PLI)対象企業決定

白物家電分野の生産連動型優遇策(PLI)対象企業決定

(インド)

ニューデリー発

2021年11月11日

インド商工省は11月3日、白物家電分野の生産連動型優遇策(PLI、2020年5月21日記事参照)で、国内外企業52社からの申請のうち、計42社の申請を承認したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。内訳はエアコン関連が日系企業4社を含む26社、LED照明関連が16社だった。

同省によると、今回承認した企業42社による投資総額は461億3,820万ルピー(約692億730万円、1ルピー=約1.5円)となる見込みだ。うちエアコン関連は389億7,820万ルピーと8割以上を占めている。日系企業としては、ダイキンエアコンディショニングインド(投資予定額53億8,700万ルピー)、ジョンソンコントロールズ日立空調インド(10億670万ルピー)、インド日本電産(5億1,920万ルピー)、パナソニックインド(5億ルピー)の4社が名を連ねた。他方、LED照明関連の投資額は計71億6,000万ルピーで、日系企業は含まれていない。

商工省は、今回のPLIによって両分野の国内の部品生産拡大が奨励され、裾野産業の拡大が図れるとして、総額8,125億4,000万ルピーの売上高増加と4,400人の新規雇用創出を見込んでいる。

なお、申請企業のうち中国系ハイアールなど6社は、先にインド政府による投資計画自体の承認が必要だとして、今回発表された承認企業リストには含まれなかった(注)。また、他の4社の申請に関しても、専門家委員会での協議が必要と位置づけた。

同省のガイドラインによると、白物家電分野のPLI承認を受けた企業は、まず各申請に基づき初期投資を2021年度(2021年4月~2022年3月)もしくは2022年度に終える必要がある。各企業はその翌年度から5年間にわたり、各年度の追加投資額と売上増加額の各基準を満たした場合、国内で製造した対象製品の売上高増加分の4~6%を補助金として受け取れる仕組みだ。インド政府は「自立したインド」や「メーク・イン・インディア」をスローガンとして2020年度以降、計13分野のPLIを推し進めている。

(注)インド政府は2020年4月以降、中国などインドと国境を接する国からの直接投資に関しては、一律に事前許可制に切り替えている。

(広木拓)

(インド)

ビジネス短信 1fc1a0220790a6a6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp