1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年米大統領選挙、第3回民主党候補者討論会の参加者発表

2020年米大統領選挙、第3回民主党候補者討論会の参加者発表

(米国)

米州課

2019年09月03日

2020年の米国大統領選挙の民主党予備選挙に向け、第3回民主党候補者討論会の参加者が8月29日、各種メディアで発表された。世論調査で上位を維持する5人(ジョー・バイデン氏、バーニー・サンダース氏、エリザベス・ウォレン氏、カマラ・ハリス氏、ピート・ブッティジェッジ氏)に加えて、コーリー・ブッカー氏、ベト・オルーク氏、アンドリュー・ヤン氏、フリアン・カストロ氏、エイミー・クロブチャー氏の計10人に絞られた。

討論会は9月12日にテキサス州ヒューストンで開催される。参加条件は、4つの世論調査で2%の支持を獲得することと、13万人(20州から各400人を含むこと)から寄付を得ることだ。

8月に各調査会社が実施した世論調査では、民主党上位候補者の顔ぶれは変わらなかった。1位はバイデン氏が維持し、2、3位をサンダース氏とウォレン氏が分け合い、4、5位はハリス氏、ブッティジェッジ氏だった(表参照、注)。

調査会社モーニングコンサルトが上位候補者の支持者が2番目に選択する候補者について聞いたところ、バイデン氏、ウォレン氏の支持者はサンダース氏を選択し、ハリス氏、ブッティジェッジ氏の支持者はウォレン氏を選択、サンダース氏の支持者はバイデン氏を挙げた。

各候補者の詳細は、添付資料参照。

表 民主党の予備選で誰に投票するか

これまで2回の討論会に参加したキルステン・ジリブランド氏は、次回討論会の参加条件を満たさなかったこともあり、8月28日に大統領選からの撤退を表明した。6人の民主党女性候補者のうち、初めての撤退者となる。

(注)各世論調査の調査時期、対象人数は次のとおり。

  • モーニングコンサルト調査:8月19~25日、1万7,303人
  • エコノミスト、ユーガブ調査:8月24~27日、成人570人
  • USAトゥデー、サフォーク大学調査:8月20~25日、民主党予備選投票予定者424人

(松岡智恵子)

(米国)

ビジネス短信 b8862467acd2fe5a

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp