1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 5年後の海洋エネルギー商業化に取り組む

5年後の海洋エネルギー商業化に取り組む

(チリ)

サンティアゴ事務所

2015年11月10日

 サンティアゴ市内で10月7~9日に開催された環境展示会・フォーラム「エキスポ・アンビエンタル2015」で、海洋エネルギーが紹介された。チリは潜在的な波力発電能力が240ギガワット(GW)といわれる海洋エネルギーの宝庫だが、本格的な開発はこれからだ。この商機を見据え、2014年には英国が「チリ海洋エネルギー開発に関する提言書」を作成した。また、2015年6月にはチリ海洋エネルギー研究所がフランスと合同で設立された。海洋エネルギーの本格的な商業化には約5年を要するといわれる中で、チリの動向が注目される。

ビジネス短信 4d7543824453b64b

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp