1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. アベンゴア、南ア初の太陽熱プラント着工−IPP調達プログラム入札、25%がスペインRE企業−

アベンゴア、南ア初の太陽熱プラント着工−IPP調達プログラム入札、25%がスペインRE企業−

(スペイン、南アフリカ共和国)

マドリード事務所

2012年11月19日

新エネルギー大手アベンゴアは11月5日、南アフリカ共和国政府の独立系発電事業者(IPP)調達プログラムで採択された合計150メガワット(MW)の太陽熱発電事業について、南アの電力公社エスコムと20年間の長期売電契約を締結し、同国で初めての集光型太陽熱発電(CSP)プラントの開発を開始した。同IPPプログラムの第1回入札で採択された28件のプロジェクトのうち、7件がスペイン企業主導の提案で、再生可能エネルギー(RE)分野での国際入札におけるスペインの高い競争力を示している。

ビジネス短信 50a5d4302d690

記事本文は、会員の方のみご覧いただけます。

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp