1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 2020年は、乗用車登録・生産ともに減少(ルーマニア)

2020年は、乗用車登録・生産ともに減少(ルーマニア)
環境対応車優遇策で、EV市場は活性化

2021年7月26日

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2020年のルーマニアの乗用車新規登録台数と生産台数はともに急減した。他方、政府の優遇策により、バッテリー電気自動車(BEV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の新規登録台数が急増している。

2020年の新車登録台数は前年比21.7%減

自動車製造業者・輸入業者協会(APIA)が発行した会報(2021年1月12日付)によると、ルーマニア国内の2020年乗用車新規登録台数は前年比21.7%減と大幅に減少。12万5,004台となった。そのうち55%は法人、45%が個人の購入だった。

新車登録台数をメーカーまたはブランド別にみると、首位はルーマニア国産メーカー・ダチア(ルノー傘下)で3万9,940台だった。次いで、シュコダ〔フォルスワーゲン(VW)傘下〕の1万288台、ルノーの9,963台、VWの9,441台、フォードの6,874台と続く。各メーカー、ブランドとも、前年から大きく減少した(表1参照)。

車種別の新車登録台数では、ダチアが「ロガン」を筆頭に、「ダスター」「サンデロ」と上位3車種を独占。ルノー「クリオ」、シュコダ「オクタビア」と続いた。

表1:メーカー、ブランド別新車登録台数(2020年)(単位:台、%) (△はマイナス値)
順位 メーカー、ブランド 台数 構成比 前年比
1 ダチア 39,940 32.0 △20.6
2 シュコダ 10,288 8.2 △16.8
3 ルノー 9,963 8.0 △24.9
4 フォルスワーゲン 9,441 7.6 △8.4
5 フォード 6,874 5.5 △42.3
6 現代 6,852 5.5 △14.6
7 トヨタ 6,361 5.1 △5.3
8 スズキ 3,956 3.2 △20.2
9 プジョー 3,517 2.8 △3.8
10 メルセデス・ベンツ 2,972 2.4 △16.0
合計(その他含む) 125,004 100.0 △21.7

出所:APIAの資料を基にジェトロ作成

日系メーカー・ブランド全体の新車登録台数は、前年比22.0%減の1万6,942台だった。スバルを除く日系メーカー・ブランドで、乗用車の新規登録台数が前年から減少した(表2参照)。

表2:日系メーカー・ブランド別新車登録台数(2020年)(単位:台、%) (△はマイナス値)
メーカー・ブランド 合計 前年比
トヨタ 6,361 △5.3
スズキ 3,956 △20.2
日産 2,700 △44.9
マツダ 2,121 △23.6
ホンダ 1,023 △32.3
三菱自動車 560 △2.6
レクサス 191 △33.4
スバル 30 87.5
合計 16,942 △22.0

出所:APIAの資料を基にジェトロ作成

EVの新規登録台数が急増

このように、2020年の乗用車全体の新規登録台数は減少した。しかし、新車エコカーの登録台数は8,902台と前年比33.3%増を記録。このうち、BEVが2,846台(前年比89.0%増)、ハイブリッド車(HEV)が5,019台(5.2%増)、PHEVが1,037台(2.6倍)となった。

環境省は、「ラブラ・プログラム」(「ラブラ」は「古い車」の意)により、新車買い替えを促進している。この制度では、車齢8年以上の自動車を新車に買い替える際、7,500レイ(約20万2,500円、1レウ=約27円、レイはレウの複数形)が補助されることに加えて、CO2排出量によりエコボーナスが追加される。さらに、代替燃料車を対象にした「ラブラ・プラス・プログラム」により、(1)BEVに最大4万5,000レイが、(2) ハイブリッド電気自動車(CO2排出量を1キロメートル当たり50グラム以下に抑える外部電源を備えたもの)には最大2万レイが、新車購入時に追加補助される。「ラブラ・プラス・プログラム」の導入効果は大きい。


ブカレストのショッピングモール内の電気自動車展示
(ジェトロ撮影)

「ラブラ・プログラム」と「ラブラ・プラス・プログラム」の補助金についての表示(ジェトロ撮影)

このプログラムによる2020年のBEV新車購入台数は前年比66.5%増の2,181台、PHEVは2.6倍の591台だった。

エコカーは、個人所有以外でも普及が進んでいる。例えば、乗り捨て自由のEVシェアリングを展開するSPARK外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(注)は、2021年7月時点で約260台のEVを運行している。

国産車生産も減ながら、2社で明暗が分かれる

自動車製造者協会(ACAROM)の会報(1月12日付)によると、2020年の国産新車生産台数(ダチアとフォードの2社)は、前年比10.7%減の43万8,107台だった。2020年春に新型コロナ感染拡大に伴うロックダウンで、両社の工場が約7週間、生産を停止した影響とみられる。

ただし、この2社はそれぞれ様相が異なる。ダチアの中・小型のスポーツ用多目的車(SUV)「ダスター」の生産台数は、18万3,286台。30.3%減と大きく減少した。一方でフォードは、小型SUV「エコスポーツ」と「プーマ」の生産台数合計が17万9,008台。27.1%増と、堅調な回復を示した。ロックダウン解除後にクラヨバ工場の生産を加速させたのが、その背景にある。その結果、小型SUVタイプでは、フォードの生産台数がダチアに迫っている(表3参照)。

表3 :車種別生産台数(2020年)(単位:台、%) (△はマイナス値)
車種 2019年 2020年 伸び率
ダチア・ダスター 263,035 183,286 △ 30.3
フォード・エコスポーツ、プーマ 140,884 179,008 27.1
ダチア・サンデロ 35,188 36,416 3.5
ダチア・ロガン 34,241 30,834 △ 10.0
ダチア・ロガンMCV 17,064 8,563 △ 49.8
合計 490,412 438,107 △ 10.7

出所:ルーマニア自動車メーカー協会(ACAROM)の資料を基にジェトロ作成

中古車登録台数は減少傾向続く

2020年の中古車登録台数は、4月から6月にかけて低水準だったことが影響して、前年比14.2%減の38万1,495台だった(表4参照)。環境負荷に応じて課せられていた「環境スタンプ(税)」は2017年に廃止されたままだ。タンツォシ・バルナ環境・水・森林相は2021年1月の記者会見で、2021年に同税を再導入する予定はないと述べた。

表4:中古車登録台数の推移(単位:台、%) (△はマイナス値)
台数 前年比
2018年 473,616 △ 9.0
2019年 444,601 △ 6.1
2020年 381,495 △ 14.2

出所:内務省運転免許自動車登録所(DRPCIV)資料を基にジェトロ作成


注:
SPARKは、首都ブカレスト市内で2019年7月10日から営業を開始した。
執筆者紹介
ジェトロ・ブカレスト事務所
ユニアナ・ミンドル
2017年からジェトロ・ブカレスト事務所勤務。調査担当およびプロジェクト・アシスタント。
執筆者紹介
ジェトロ・ブカレスト事務所
西澤 成世(にしざわ しげよ)
2003年、ジェトロ入構。海外投資課、輸出促進課、ジェトロ・広州事務所、麗水博覧会チーム、環境・エネルギー課、イノベーション促進課、ジェトロ福井、ジェトロ・ラゴス事務所などを経て、2021年3月から現職。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご質問・お問い合わせ